よつぼしトナー

「障がい者の経済的自立(安定した工賃収入の構築)」と作業だけで毎日が終わらない支援ができる事業所であるために。

「よつぼしトナー事業」とは、障がい者福祉施設、B型事業所がトナー再生作業から販売までを企業と協業で行う仕組みで、「工賃向上のための福祉独自ブランド」です。今後全国へ発信していく取り組みで、年間1,000万円以上の売上げとなっています。(2019年)。

作業工賃だけでなく、リピート販売益が得られるため、作業時間に追われることなく高い工賃支払が可能となり、B型事業所本来の目的である支援が叶う事業です。

よつぼしトナー事業にかかわる詳細はこちらをご覧下さい。

就労支援ラボラトリー よつぼし事業について

よつぼしトナー
「よつぼしトナー事業」とは、障がい者福祉施設、B型事業所がトナー再生作業から販売までを企業と協業で行う仕組みで、「工賃向上のための福祉独自ブランド」です。